包茎の種類を知り、手術するか矯正するかを考える

包茎の種類を知り、手術するか矯正するかを考える

包茎とは、陰茎の先端にある亀頭を包皮が覆っている状態を指します。幼児期の包茎は生理的に自然な事であり、赤ちゃんも包茎の状態で生まれてきます。児童期には、包皮と亀頭を癒着していた部分が徐々に剥がれていき、思春期を終える頃には、ほとんどの場合勃起時に亀頭を露出させることが可能になります。
包茎には、大きく分けて「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」の3種類があります。
仮性包茎は、包皮が亀頭を覆っているものの、手などで包皮を剥くことができ、亀頭を露出させることが可能な状態です。
真性包茎は、包皮の出口が狭いため、手などで包皮を剥くことができず、亀頭を露出させることができません。
カントン包茎は、手などで包皮を剥くことができるものの、包皮の出口が狭かったり、包皮が伸びないために陰茎・亀頭を締め付けてしまい、場合によっては亀頭を鬱血させてしまう可能性もある状態のものです。
包茎は病気ではありません。しかし、包茎は亀頭部分を不衛生にさせてしまう要素もあるので、臭いの発生や性病の原因である菌を繁殖させてしまうケースもあります。仮性包茎は亀頭を露出させることは容易ですが、真性包茎やカントン包茎は容易ではないため、不衛生になるリスクは高くなります。
包茎は、手術や矯正器具などで治療することが可能です。手術は余分な包皮を切除したりすることで、亀頭を露出させます。矯正器具には、常に亀頭を露出させるための器具や接着剤などがあり、亀頭に刺激を与えたり、剥きグセをつけることによって包茎を矯正しようとするものです。ただ、矯正器具は専門医の指導がなくとも購入することができるため、自己判断のもと使用するには多少なりのリスクが伴う可能性が高くなります。
包茎に伴う悩みなどがある場合には、専門のクリニック等で受診し治療することが最も安全な方法です。