各包茎の種類と要手術の重要性

各包茎の種類と要手術の重要性

世の男性にとって、包茎は己の人生を左右する可能性のあるものです。そんな大げさなと思う女性もいらっしゃるかもしれませんが、男性は自分の包茎度合いがどの区分に属するのかがとても大事なことなのです。
包茎は3種類あり、「仮性、真性、カントン」があります。仮性包茎は日本人のほとんどの男性がそうであると言われ、勃起時・非勃起時にかかわらず亀頭を露出することができるタイプの包茎です。真性包茎は勃起時・非勃起時の両方ともに亀頭が露出できないタイプであり、包茎の中でも最も重い症状のものなので、真性包茎の人は手術をしなければならないとされています。カントン包茎は判断が難しく、仮性包茎と真性包茎の間の包茎という位置づけになっています。
カントン包茎は亀頭を露出する部分、いわゆる「包皮口」が通常より狭いため、勃起すると亀頭が露出しないのです。非勃起時には露出できるため、稀に亀頭を出したまま勃起させる人がいるのですが、それは非常に危険な行為です。通常時に露出させて勃起させた場合、狭い包皮口を勃起した亀頭が無理やり押し広げる形になるので、亀頭に血液が行かず、血行不良に陥ります。そのままそういった行為を繰り返していると、最悪のケースでは亀頭が壊死してしまう可能性もありますので、カントン包茎の人は通常時に亀頭露出をさせたまま勃起はさせないでください。
まとめますと、仮性包茎の人は手術してもしなくても大丈夫です。真性包茎の人は要手術で、カントン包茎の人も真性包茎とまではいきませんが、手術の必要性はあります。