包茎とはどのようなもの?

包茎とはどのようなもの?

包茎とはどのようなものかわからない場合、人に聞くのは恥ずかしいですが、意外と包茎人口は多いといわれています。包茎とは別名皮かぶりとも呼ばれていて、下半身の皮が多くあまっているために、部分がかくれている状態です。普段の状態をさすものなので、大きくなったときに皮があまらない状態なら仮性包茎と呼ばれます。ですから一般男性の約20パーセントが仮性包茎だといわれていて、日常生活や性生活には何も問題がないのが実情なのです。しかし当の本人の男性からすると非常に気になるコンプレックスの一つとしてとらえられるので、悩みの種や手術に踏み切る人もいるのです。包茎だと何が不都合かというと、見た目もそうですが、清潔感が一番だといわれています。もちろん本人の清潔ケアの状態にもよりますが、一般的に皮をかぶっている状態は汚れがたまりやすいと考えられていて、お風呂のときに念入りに洗わないと不都合が生じると考えられているのです。もちろん普通のケアで何も問題ないのですが、本人からするとどうしても気になるので、その場合は手術するという作戦もアリといえるでしょう。中には奥さんやパートナーに促されて手術に踏み切る人もいるので最近では手術に対して、昔ほどの敷居の高さは感じられなくなっているのです。また包茎手術自体も非常に簡単に安い金額でできるようになったので、感覚としては風邪を治すというような気持ちでのぞんでいる男性もいるのです。