包茎ってどんな状態?仮性と真性の違い

包茎ってどんな状態?仮性と真性の違い

包茎とは、陰茎の先が皮で包まれていることをいいます。包茎の種類は大きく分けて「仮性包茎」と「真性包茎」の二つに分かれます。仮性包茎と一口に言っても様々な形があり、普段は皮をかぶっていても自分で引っ張るとむけるタイプや、皮を引っ張っても陰茎の先しか見えず、それ以上むけないタイプなどがあります。日本人の約半分は仮性包茎と言われていますが、自分で引っ張ることでむけたり戻したりできるのであれば、入浴時にしっかりと皮をむいて清潔を保ちてばさほど問題はありません。むしろこの状態が普通だと思っても構わないでしょう。陰茎の先しかでない仮性包茎の場合は、皮の内側に汚れがたまってしまうので、注意が必要です。引っ張っても全く皮がむけないのが真性包茎ですが、真性包茎の場合は、性生活や清潔を保つことに支障がありますので包茎手術をする方が良いでしょう。また、陰茎は露出するものの、皮が陰茎の段差にひっかかり、血流を阻害したり元の状態に戻らないことを「嵌頓(かんとん)包茎」といいます。嵌頓(かんとん)包茎の場合は、そのまま放置することにより、陰茎が締め付けられ、腫れて痛みを伴う水膨れのようになってしまうことがあります。自分で皮を引っ張ればむけるからと放置していると、いつ戻らなくなるとも限りませんので包茎手術を受ける方がよいでしょう。包茎の種類を理解し、自分の陰茎がどの状態なのかをしっかりと把握すること、必要ならば放置せず、手術することが大切です。恥ずかしがらずに専門の医師に相談してください。